宮沢氷魚の母親・光岡ディオンは偏差値68の国際基督教大学出身で超優秀!仕事はラジオパーソナリティ!

『his』で映画初主演を果たすと、「第30回日本映画批評家大賞 新人男優賞」など様々な賞を受賞された俳優・宮沢氷魚さん。

実は、宮沢氷魚さんの母親は、タレント・光岡ディオンさんなんです!

今回は、宮沢氷魚さんと母親・光岡ディオンさんについて徹底的に調査してみました!

 

この記事で分かること
  • 宮沢氷魚さんと母親が通った大学は?
  • 光岡ディオンさんはどんな仕事をしてるの?
  • 光岡ディオンさんはハーフ?
  • 光岡ディオンさんと宮沢和史さんとの馴れ初めは?
  • 親子としてどんなエピソードがあるの?

 

それでは、いってみましょう!

 


(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});

 

宮沢氷魚の母親・光岡ディオンは国際基督教大学出身!

出典:twitter.com

 

宮沢氷魚さんの母親は、光岡ディオンさん。

1965年7月15日生まれで現在56歳出身は神奈川県横浜市です。

大学は東京都三鷹市に位置する『国際基督教大学』を卒業されています。

別名ICU(International Christian University)」とも呼ばれている大学ですね。

国際基督教大学の偏差値は67.5と、文系の私立大学としては、慶應義塾大学や早稲田大学に次ぐレベルの大学で、皇族の佳子さまが通われていたことでも有名です。

また、「基督教(キリスト教)」とありますが、学生はキリスト教徒だけではなく、むしろ宗教色は薄いそうで礼拝などに参加する必要もないそうです。

ICUは国際色豊かで、英語を活かせる大学と高い評価を受けていることからも、光岡ディオンさんの英語力の高さや頭の良さが分かりますよね!

 

宮沢氷魚も母親と同じ国際基督教大学を卒業!

出典:resumedia.jp

 

実は、息子の宮沢氷魚さんも国際基督教大学を卒業されているんです!

高校卒業後は、「日本に残るという選択肢もあったんですけど、生まれがアメリカだったので”アメリカで生活すること”への憧れがありました」と言うように『カリフォルニア大学サンタクルーズ校』に留学

そして、大学2年の時に国際基督教大学へ編入されています

なぜ、日本の大学へ編入されたのでしょうか?

 

アメリカでの生活ももちろん楽しかったんですけど、今後生活するには日本の方がいいかなっていうのはずっと思っていましたアメリカでは大学2年次で違う学校に編入する人が結構いるので、僕はICUを選びました

出典:https://www.fashionsnap.com

 

いずれは日本で暮らすことを考えていたそうで、編入する時には母親の母校でもある国際基督教大学を選ばれたようです。

大学在学中のインタビューでは、「環境学を勉強しています。政治や生物学、物理など様々な分野が融合された専門なので、幅広く学べて楽しいです」と答えられており、宮沢氷魚さんが幅広い分野に詳しいことが分かりますよね。

今後は、大学で学ばれたことを活かしたお仕事をされることもあるでしょうね。

 


(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});

 

宮沢氷魚の母親・光岡ディオンの仕事や経歴!

出典:twitter.com

 

光岡ディオンさんは、これまでどんなお仕事をされてきたのでしょうか?

 

光岡ディオンの現在の仕事やこれまでの経歴!

出典:https://gogakuru.com

 

得意な英語を活かし、「CNN HEAD LINE」や「英語ビジネスワールド」といったテレビ番組「旺文社大学受験ラジオ講座・英語講座」や音楽番組などのラジオのパーソナリティーを務められてきました。

 

光岡ディオンの仕事は知的なコメントで高評価!

出典:lilla-flower.com

 

光岡ディオンさんがこれまでやってこられたお仕事はどのような評価をされているのでしょうか?

 

 

 

 

光岡ディオンさんのラジオを毎回楽しみにしていた人音楽番組に出演されていた時の光岡ディオンさんの美貌を思い出す人と、やはり人気のタレントだったようです。

「直撃LIVEグッディ!」にコメンテーターとして出演されていますが、現在も美貌は衰えておらず知的かつ的確なコメント力にも定評があるようですよ!

 


(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});

 

宮沢氷魚の母親・光岡ディオンはアメリカ人とのハーフ!

出典:yahoo.co.jp

 

光岡ディオンさんはアイルランド系アメリカ人の母親と日本人の父親のハーフです。

息子である宮沢氷魚さんがインタビューの中で祖母はアイルランド人であることを話しています。

 

はい。でも祖母はアイルランド人です。それもあって、今一番行きたいのはアイルランドです。まだ行ったことがないので、今度お休みが取れたら思い切って行こうかなって。

出典:gendai.ismedia

 

このことから息子の宮沢氷魚さんは、アイルランド系アメリカ人の血を引くクォーターということになりますね。

透き通るような肌は祖母からの遺伝なのかもしれませんね!

ちなみに光岡ディオンさんは、日本人の父親とフィリピン系アメリカ人の母親の間に生まれたハーフ・・・という情報がネット上に数多くあるのですが、これは間違いなので注意。。。

 

母親・光岡ディオンはアメリカの実家に宮沢氷魚をよく連れていっていた!

出典:twitter.com/

 

光岡ディオンさんは、宮沢氷魚さんをよくアメリカに住んでいる祖母の家に連れて行っていたそうです。

 

母がアメリカ人とのハーフなので、子どもの頃はよくアメリカに住むおばあちゃんの家で過ごしていたのですが、あちらでは家庭のオーブンでクッキーやケーキを焼くのが習慣でした。だから実家でクッキーを焼いていると、当時を思い出すんです。

出典:GOODA

 

料理やクッキーなどお菓子づくりが趣味という宮沢氷魚さん。

その趣味は、祖母の家で経験したお菓子作りが影響しているんですね。アメリカのお菓子って砂糖の塊かっていうくらい甘すぎるイメージですが、よく太りませんでしたよね。

実は、太ることを気にしてクッキーは2個までしか食べないと決めていたそうで、自制が効いたお子さんだったんですね。

そりゃ~、今もモデル体型を維持できているはずですよね。

 

宮沢氷魚がクオーターゆえの生きづらさを告白!

出典:https://news.yahoo.co.jp

 

宮沢氷魚さんは、アイルランド系アメリカ人の血を引くクォーターということをお伝えしましたが、幼少期にクォーターということで辛い思いをされたそうです。

 

僕はアメリカ生まれで、向こうの血が4分の1入っているので、小さい頃偏見・差別を受けたこともあります日本にいても、日本人扱いをされないときもあるから、いまいち居場所が見つからなかった。“向こうに行けば居場所があるかな”と思ってアメリカ留学したときも、ローカルの人とはまた別の“日本人”という見られ方をしましたし。そうなると、“自分の居場所ってどこにあるんだろう”と考える時期もあった

出典:シネマカフェ

 

最近、バスケットボール選手・八村さんのSNSに差別的なコメントが書き込まれたことが話題になりましたが、残念ながら日本にもハーフやクォーターの人に偏見の目や差別をする人がいます

また、アメリカ留学の時でも自分が純粋な日本人として見られていなかったことから悩んだこともあったそうです。

そんなコンプレックスを克服し、芸能界入りしてからは、特にモデルの世界では逆にクォーターである強みを活かしたと言えますね!

 


(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});

 

宮沢氷魚の母親・光岡ディオンと父親・宮沢和史の馴れ初めは?

出典:buzz-press.com

 

宮沢氷魚さんの父親は、歌手・宮沢和史さん。1989年にバンドの「THE BOOM」のボーカルとしてデビューされました。

宮沢和史さんと光岡ディオンさんの馴れ初めは、光岡ディオンさんがパーソナリティーを務めるラジオ番組に宮沢和史さんがゲストとして出演したことがきっかけだったようです。

二人は1994年に結婚。同年4月には第一子である長男の宮沢氷魚さんが生まれています

・・・ということは、今でいう「授かり婚」ということになるんでしょうか。

宮沢氷魚さんの3歳下に次男・海実(かいみ)さん、4歳下に長女・琉歌(るか)さんがいらっしゃいます。

他の兄弟の写真は一般人なので公開されていませんが、きっと両親に似た美男美女でしょうね!

 

宮沢氷魚と母親・光岡ディオンのエピソード!

出典:https://withonline.jp/

 

宮沢氷魚さんと母・光岡ディオンさんには、家族としてどんなエピソードがあるのでしょうか?

 


(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});

 

宮沢氷魚の芸能界が嫌いだった幼少期!

出典:twitter.com

 

ご両親が芸能界で活躍されているのはお伝えしましたが、幼少期はそのことで寂しい思いをされていたそうです。

 

子どもの頃、親が仕事で家にいないことも多く、芸能界に対して実は反発というか、嫌な気持ちを持っていたんです。ただ、中学か高校生のときに父(元THE BOOMの宮沢和史)のライブにたまたま行く機会があって、あんなに多くの人を魅了することってすごいことなんだなってそこで初めて思ったんです。

出典:Numero

 

子供の頃は、両親がどんな仕事をされているのか具体的には分かっていなかったでしょうし、忙しくさせている芸能の仕事を嫌っていたのは理解できます。

思春期になり、普通はさらに親に反発する時期に普通はなるんでしょうが、宮沢氷魚さんは逆に父親である宮沢和史さんのライブに感動し、芸能界へ入りたいと意識を変化させていったそうです。

 

宮沢氷魚の芸能界デビューを応援!

出典:tsutaya.tsite.jp

 

宮沢氷魚さんは、アメリカ留学中に芸能事務所の「レプロエンタテインメント」に履歴書を送り、芸能界入りを果たしていますが、履歴書を送る際に母・光岡ディオンさんに相談されたそうです。

 

――芸能界に入りたいということは、ご両親には相談しましたか?
【宮沢】 履歴書を送るとき、お母さんにはスカイプで“どうしようかな?”って相談しました。そうしたら「いいんじゃない。頑張りなよ」って言ってくれたので送ったんです。

出典:ORICON NEWS

 

光岡ディオンさんは、芸能界の厳しさを知った上で快く芸能界入りを認め応援してくれたそうです。

その後も色々な言葉をかけられているそうです。

 

父と母がよく言うんですけど「謙虚でいなさい」という言葉。それと「胸を張って自信を持ちなさい」。この世界に入ったらすべては自分次第。「謙虚で、でも自信持っていないと長持ちしないよって。この言葉は本当に感謝してますね。

出典:gendai.ismedia

 

両親から謙虚でいることの大事さを教えられているんですね。

そして、芸能界では謙虚すぎるだけでは生き残れず、自分に自信を持って活動していくことも大事だと教えられているそうです。

 


(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});

 

世間の声

宮沢氷魚さんと母・光岡ディオンさんについて、世間の声を集めてみました!

 

光岡ディオンさんにこんなに大きな息子さんがいることに驚かれている方も少なくないようです。

 

そもそも宮沢和史さんが光岡ディオンさんと結婚されていることを知らない人もいるんですね!

 

確かにご両親の良いところを受け継がれていますよね。

俳優としての才能含め、芸能人の二世でもトップレベルの成功例ではないでしょうか?

 

宮沢氷魚さんは、これからどのような俳優になっていきたいと思っているのでしょうか?

 

「生まれがアメリカで英語が話せるので、海外での仕事もしていきたいです。アジア人って海外ドラマだとちょっとダサい役とか多いですけれど、それはやっぱり残念ですし、そういう固定概念も壊せるような俳優になりたいですね」

出典:https://numero.jp

 

将来的には得意の英語を活かし、海外でも通用する俳優になっていきたいと考えているそうです。

いつか、海外ドラマで活躍される宮沢氷魚さんの姿が見られるかもしれませんね!

 

まとめ

今回は、宮沢氷魚さんと母親・光岡ディオンについて徹底的に掘り下げてみました!

いかがだったでしょうか?

 

まとめ
  • 宮沢氷魚さんの母親は光岡ディオンさん!
  • 二人とも国際基督教大学出身で英語がペラペラ!
  • 光岡ディオンさんは様々な仕事で高い評価!
  • 光岡ディオンさんは日本人とアメリカ人のハーフ!
  • 光岡ディオンさんは氷魚さんの芸能活動を応援している!

 

それでは、この辺で。

最後までご覧いただきありがとうございます!

 


(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)