宮沢氷魚の父親・宮沢和史は元「THE BOOM」で現在ソロ活動中!沖縄出身じゃないって本当?

21歳の時に『MEN’S NON-NO』の専属モデルとしてデビューされ、演技の評価も高い俳優・宮沢氷魚さん。

宮沢氷魚さんは誰かに似ていると思いませんか?実はあの宮沢和史さんなんです!氷魚さんは父・和史さんから様々な影響を受けたと言います。一体、どんな言葉を掛けられたのでしょうか?

今回は、宮沢氷魚さんと父・和史さんのエピソードについて徹底的に調査してみました!

 

この記事で分かること
  • 父親はあのアーティスト!
  • 芸能界入りしたきっかけは?
  • 名前の由来は?
  • 母親はあの人!
  • 家族仲は?父親とのエピソード!

 

それでは、いってみましょう!

 

 

宮沢氷魚の父親は元「THE BOOM」のボーカルの宮沢和史!

出典:https://mysound.jp

 

宮沢氷魚さんの父親は、宮沢和史さん。1966年1月18日生まれで現在55歳

出身は山梨県甲府市で、実は沖縄出身ではないんですね。

1986年に『THE BOOM』を結成。1989年シングル「君はTVっ子」とアルバム「A PEACETIME BOOM」をリリースしデビューされました。

 

紅白歌合戦出場経験を持つ父・宮沢和史の輝かしい経歴とは?

出典:www.youtube.com

 

父親・宮沢和史さんのバンド「THE BOOM」は1986年に結成され、2014年に解散しています。

その輝かしい経歴としては、こんな感じ。

 

THE BOOMの経歴
  • NHK紅白歌合戦に複数回出場!
  • 1993年に開催された第35回日本レコード大賞で、「島唄」がベストソング賞を受賞!

 

THE BOOMと言えば、「島唄」が最も有名なのではないでしょうか?

若い世代の方はバンド名を知らなくても曲は聴いたことがあるかもしれませんね。

「島唄」を沖縄の方言で歌ったバージョンもあり、沖縄出身のバンドだと思われがちですが、先程も記載した通り、宮沢和史さんは山梨県甲府市出身ではありません。

ですが、沖縄旅行がきっかけとなり、ブームの火付け役である「島唄」が誕生したそうです。

 

実際にひめゆり部隊だったおばあちゃんが語り部として話をしてくれていました。実は、その戦争の話を聞いて僕が思ったことをそのおばあちゃんに曲にして聴かせようと思って作ったのが、“島唄”なんです。

出典:http://rqplus.jp

 

かく言う私も中学生の頃にTHE BOOMの曲をよく聴いていました。「風になりたい」のように明るい曲だけではなく、むしろバラードに名曲が多いという印象を持っています。

惜しまれながらも2014年にバンドは解散されましたが、宮沢和史さん今はどんな活動をされているのでしょうか?

 

 

父・宮沢和史の現在の仕事はソロアーティスト!

出典:https://twitter.com

 

宮沢和史さんは、2015年6月からソロ活動を本格的に開始され、2015年に「MUSICK」、2019年に「留まらざること 川の如く」、2021年に「次世界」といったアルバムを発表されています。

その一方で、俳優としても活躍されており、ドラマ「JIN-仁- 完結編」や「南極大陸」、映画「るろうに剣心 京都大火編 / 伝説の最期編」といった多くの話題作に出演されています。

 

バンドとしての活動ではなく、個人のアーティスト兼俳優として今も活躍しているようですね!

 

父・宮沢和史の評価は上々!俳優の高橋一生もファン!

出典:https://www.oricon.co.jp

 

THE BOOMは世代的に30代後半から40代にファンが多い印象ですが、宮沢和史さんの歌手としての評価はどうなんでしょうか?

実は芸能人にもファンが多く、俳優の高橋一生さんもTHE BOOMのファンだそうで、朝の情報番組の中でTHE BOOMの「からたち野道」を披露されていました。物悲しいメロディと歌詞が心に沁みる名曲です。

 

 

 

宮沢さんの歌声は上手いを超えて、心に響いてくる唯一無二のもののようですね!

 

 

宮沢氷魚の父親・宮沢和史の二世タレントとしてのコンプレックスとは?

出典:townwork

 

宮沢氷魚さんは芸能界デビューするにあたって、父親の力ではなく、自分の力のみで成功したいと考えていました。

そのため、アメリカ留学中に芸能事務所の『レプロエンタテインメント』に履歴書を送った時も、父親のことを伏せていたそうです。

 

「母には事務所の面接前に話したんですが、父に報告したのは、所属が決まってからでしたね。親の力は借りずに自分自身で決めてこの道に進みたかったので、迷いはありませんでした」

出典:https://numero.jp

 

知名度抜群な父親・宮沢和史さんの名前を大々的に打ち出して「二世タレント」として売り出すことはしなかったのですね!

 

しかし、芸能事務所の最終面接でハプニングが起こったそうです。

ある番組の中で、「契約書にもサインする時に「仕方ないかな」と思って、『宮沢和史』って書いたら、もうマネージャーさんたちがザワザワし始めて」と、最終面接に合格し契約書にサインする際に父親が宮沢和史さんだとバレてしまったことを語っていました。

このエピソードからも父親である宮沢和史さんの偉大さが分かりますよね!

 

芸能界デビュー後は2世タレントの感じ方に変化!

出典:www.cinematoday

 

当初は、父親の宮沢和史さんのことを聞かれることが嫌だったそうですが、今では父親のことを聞かれないぐらいに成長しようと、2世タレントであることを前向きに捉えているそうです。

 

「芸能界に入った当初は自分のことより父のことを聞かれたこともありました。仕方ないなというか、自分でも誇れるものがなかったので。前は『役が決まって、お父さんは何か言ってましたか?』と必ず聞かれていたので。それは嫌ではないんですけど、自分のお仕事が増えてきて、父のことを聞かれることが減っていった。すごくうれしいですね。僕を宮沢氷魚として見てくれるのが何よりうれしいので」

出典:https://www.daily.co.jp

 

俳優として立場を確立されたことによって、周囲も宮沢和史さんの息子と意識することはなくなったんでしょうね。

 

 

宮沢氷魚の父親・宮沢和史からの男前過ぎる教えとは?

出典:https://www.kateigaho.com

 

宮沢氷魚さんは、父親の宮沢和史さんから様々な教えを受けてきたそうです。

 

父とは、ときに男同士の話もする。「今まで、『強くて優しい人になりなさい』とは何百回も言われてきました。

出典:クランクイン!

 

ただ強いだけではなく、人にも優しく出来る思いやりのある人間に育ってほしかったんですね。

また、仕事面でも宮沢氷魚さんにアドバイスを送っているそうです。

 

この仕事をやる限り、自信を持って堂々と仕事をしなさい。同時に、謙虚な気持ちを忘れた瞬間、ダメになるから』と言われたので、肝に銘じています」と、宮沢は大事な言葉を伝える。

出典:クランクイン!

 

芸能界で長くやっていくには、自分に自信を持つことは重要で、共演者やスタッフに対し謙虚さを忘れず気を遣えることも大事だとおっしゃっているそうです。

スタッフに横柄な態度をとる役者さんは、何か問題を起こすと誰も助けてくれず干されてしまうこともあるそうですし、宮沢和史さんはそういう場面を見てきたんでしょうね。

さらに「ここもう少しこうした方がいいよ」と演技についてもアドバイスを送られているそうで、俳優としての成長の陰には宮沢和史さんからの教えも大きかったのかもしれません。

 

宮沢氷魚の名前の由来は釣り好きの父親だった!

出典:tokyo.whatsin

 

ここまで宮沢氷魚さんと普通に書いてきましたが、みなさんは氷魚を読めていましたか?

氷魚」は「ひお」と読みます。

ファンの方はご存知だったでしょうが、なかなか読めないかもしれませんね。

釣り好きの父・和史さんが、鮎の稚魚「氷魚」(ひうお)」からつけたそうですよ!

氷魚は、秋から冬に琵琶湖で獲れることで有名です。どんなに厳しい環境の中にあっても、強く生き抜いてほしいという意味をこめて「氷魚」と名付けられたそうです。

 

 

宮沢氷魚の芸能界デビューにきっかけは父親の背中!

出典:https://mi-mollet.com

 

宮沢氷魚さんが芸能界入りを決意されたのは、どんなことがきっかけだったのでしょうか?

 

中学3年か高校1年の時に見に行った父のライブです。それまでは興味なかったんですけど、沢山のファンやスタッフに愛されて、支えられながら人前でパフォーマンスをすることは素晴らしいことだなと、急にぐっときたんですよね。

出典:https://www.fashionsnap.com

 

実は宮沢氷魚さんは、幼い頃はまったく芸能界に興味がなかったそうです。

父親である宮沢和史さんはツアーで家にいることが少なく、寂しい思いをされていたと言います。

しかし、父親のライブを見て表現することの素晴らしさに気づくと共に感動を覚え、高校を卒業後に芸能界を目指すことを決意されました。

 

中学、高校くらいから、だんだん人前に立つ仕事ってすごいなって思い始めて。ファンの方もいて、ずっと応援してくれてるわけですからね。それで徐々に興味を持つようになって、最初は高校を卒業したら芸能界に入ろうと思っていたんです。

出典:https://www.oricon.co.jp

 

芸能界は、入りたいと思っても特別なものを持っていないとなかなか入れるような世界ではありません。

宮沢氷魚さんは両親の力を借りようとはしなかったのですから、有言実行で芸能界入りされたのは本当に凄いことですよね!

あるインタビューで、共演してみたい俳優さんはいますか?との問いに「一度はお父さんとしてみたいです長いこと一線でやれているお父さんを本当に尊敬しています」と宮沢和史さんを尊敬し、いつか共演を果たしたいと答えられています。

芸能界入りのきっかけであり、尊敬している父・和史さんとの共演が待ち遠しいですね!

 

宮沢氷魚と父親・宮沢和史の理想的過ぎる父子エピソード!

出典:like-a-dandelion

 

宮沢氷魚さんは、父・宮沢和史さんやご家族とのエピソードを様々なインタビューで語っています。

少しですが、ご家族とのエピソードを紹介したいと思います。

 

年に1回は二人で釣りに行く!

出典:メンズノンノ

 

父親である宮沢和史さんは、無類の釣り好きとして知られています。

釣り好きの父親の影響もあり、宮沢氷魚さんも父親と一緒に釣りに出かけることが多いようです。

 

お父さんは釣りが好きなので、一緒に釣りに行きます。でも、当日決めるんですよ。朝早く起こされて、「釣りに行こうか」「今日は温泉行くよ!」とか(笑)。かなりサプライズが多いです(笑)。

出典:https://www.oricon.co.jp

 

思い立ったら釣りに出掛けるそうで、氷魚さんもそれに付き合わされていたそうですよ。

釣りだけではなく時には温泉だったり、早朝から一緒に出掛けるなんて本当に仲が良いのが伝わってきますね!

 

 

父親とのサシ飲みで10分間の沈黙!?

出典:https://tetsudo-ch.com

 

宮沢氷魚さんは、父親と二人でお酒を飲むことがあるそうです。

 

「父親とのサシ飲みは、数える程度しかない。21歳のころ、お父さんがリビングにビールを持ってきて。けっこう、沈黙が続いて、10分ぐらい何も話さず。で、父親からまず『最近、仕事だいじょうぶか?』って。それから、ふだん聞かないような話をした記憶がある

出典:https://tetsudo-ch.com

 

頻繁にはとはいかないものの父親とお酒を飲む時は、普段はあまりしない話をするそうで、なんかそういうのっていいですよね。

私も父親とお酒が飲みたくなりました(笑)

 

初任給で家族にご飯をごちそう!

出典:tabiiro.jp

 

宮沢氷魚さんは、芸能界入りして初めて給料をもらった時にご家族にごちそうしたことをお話になっています。

 

「初給料をもらったときは、ふたりっきりではないけど、初任給で家族5人と食事に行ったふだんあまりいかないような、いいお店に行って、僕がぜんぶ用意しました。すごい気持ちがいいというか、感謝の気持ちを伝えられたと思う

出典:https://tetsudo-ch.com

 

初任給だとそんなに多くはもらえてないでしょうから、高級店に家族5人で行ったのなら、もしかすると給料のほとんどが消えてしまったかもしれません。

それでも両親に感謝の気持ちを伝えられたことが良かったと言える氷魚さんは最高の息子さんですよね。

 

 

宮沢氷魚の母親はラジオパーソナリティの光岡ディオン!

出典:twitter.com

 

宮沢氷魚さんのご家族とのエピソードについてお伝えしましたが、実は母親も一般人ではなく、タレントの光岡ディオンさんです。

音楽番組やラジオ番組のパーソナリティとして活躍されていました。

光岡ディオンさんのラジオ番組に宮沢和史さんがゲスト出演されたことがきっかけで交際に発展されたそうです。

1994年に結婚され、同年4月24日に氷魚さんがお生まれになっています。

 

世間の声

宮沢氷魚さんと父・和史さんについて、世間の声を集めてみました!

 

 

本当に似てますよね。宮沢という名前を出さなくても親子と分かってしまうんじゃないでしょうか。

 

 

氷魚さんは、まさに鮎の稚魚の氷魚(体が氷のように透き通っているから)のように透明感がありますよね。本当に美しいです!

 

 

氷魚さんはあまりこういう言われ方は好きじゃないかもしれませんが、良血のサラブレッドですよね。

 

やはり親子というのもあって、宮沢氷魚さんと父・宮沢和史さんが似ている!という声が多かったですよ!

イケメンという声も多く、演技力もあり、なおかつ高身長とハイスペック。。。

天は二物を与えずというの嘘ですね(笑)

 

 

まとめ

今回は、宮沢氷魚さんと父・宮沢和史さんのエピソードなどを調査してみました!

 

まとめ
  • 父親は「THE BOOM」のボーカルの宮沢和史さん!母親は光岡ディオンさん!
  • 和史さんのライブに感動し芸能界入り!
  • 二世タレントのコンプレックスを跳ねのける活躍!
  • 和史さんからの助言で成長!
  • 家族仲は非常に良い!

 

それでは、この辺で。

最後までご覧いただきありがとうございます!

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)