山田裕貴の父親・山田和利は元プロ野球選手で現在はプロ野球コーチ!ドラマチック過ぎる父子関係とは?

話題のドラマや映画に多数出演している旬の俳優・山田裕貴さん。

そんな山田裕貴さんの父親は元プロ野球選手だったことでも有名ですよね!

今回は山田裕貴さんの父親について、徹底的にリサーチしてみました!

 

この記事で分かること
  • 父親・山田和利さんのプロ野球選手としての活躍や現在の仕事!
  • 山田裕貴さんにとっての父親・山田和利さんの存在とは?
  • 父親・山田和利さんに教えられた山田裕貴さんの信念とは?
  • 現在の親子二人の関係性!
  • 世間の声

 

それでは、いってみましょう!

 

 

山田裕貴の父親はプロ野球選手の山田和利だった!

出典:mixiニュース

 

山田裕貴さんの父親は、元プロ野球選手の山田和利さんです!

 

出典:google

 

山田和利さんと言えば、主に中日ドラゴンズで活躍されていた選手で、1983年のドラフトで指名を受けてから1996年までプレイヤーとして中日に在籍していました。

総合成績は「出場366試合、打率262、打点102、出塁率341」という結果ですが、実は華々しい活躍をしてきた選手ではなく、苦労に絶えない野球人生を歩んできた選手でした。

 

父親・山田和利のプロ野球選手時代は苦難の連続だった!

出典:広島アスリートマガジン

 

山田裕貴さんの父親・山田和利さんは野球強豪校である、愛知県の私立高校「東邦高等学校」の野球部で主将を務めていましたが、甲子園出場経験はありませんでした。

ですが、100mを11秒台で走れる足の速さと野球強豪校で主将を務めたリーダーシップが評価され、1983年のドラフトを4位で地元球団の中日ドラゴンズから指名を受け、プロ野球選手としての人生の幕を開けています。

ドラフト指名を受け、順風満帆なプロ野球選手人生がスタートするかに思われましたが、苦労の連続だったようですね。

 

入団後3年間で1軍出場はたった1試合!不遇な下積み時代!

出典:Google

 

1983年にドラフト4位の指名を受け、中日に入団した山田和利さんですが、入団後はファームでの育成、身体作りからのスタートでした。

その後2年間は一切一軍出場する機会はなく、3年目の1986年に代打としてプロ初出場しましたが、同年の出場もその1打席のみだったようです。

3年間で一軍の試合に出場出来た回数はたった1回のみ。。。

続く、1987年は12試合でしたが、1988年は82試合に出場しています。

固定のポジションはなく、メイン選手の代わりに出場することが多かったようですが、同年1988年の中日リーグ優勝にも貢献しています!

 

 

中日から広島へ!新天地の広島での強打者への転向が功を奏した!?

出典:広島カープブログ

 

1989年、1990年は出場試合も少なく目立った成績を残せなかったことから、広島東洋カープへの移籍が決定します。

広島カープ内でも遊撃手の層が厚かったことから、今までの通り俊足を武器にするのではなく、強打の内野手へと転向しています。

これが功を奏して、1993年から1995年に掛けて、チームの強打者として活躍し、1995年には94試合に出場して、打率.270、12本塁打、53打点という活躍っぷりでした。

 

念願の中日に復帰も故障!ケガにより選手生命に幕を下ろす!

出典:時事ドットコム

 

1996年に、中日への復帰が決まった山田和利さんですが、故障が原因で一軍出場がゼロという結果に終わり、そのまま同年限りで引退しています。

スポーツ選手にケガは付き物ですが、あまりにもタイミングが悪すぎましたね。。。

結果として、プレイヤーとしての活躍はここまでになります。

 

父親・山田和利の現在の仕事は?

出典:デイリースポーツ

 

山田和利さんは、1996年にプロ野球選手を引退してから、すぐ指導者への道へと進んでおり、2021年現在は広島カープ一軍の内野守備・走塁コーチとして活躍しています。

引退当初は中日に残り、二軍打撃コーチ、一軍内野守備・走塁コーチ、一軍打撃コーチなどの様々な役職を歴任し、2011年に広島カープのコーチに移籍し、活躍しているようですね!

なお、2019年までは、広島カープの二軍内野守備・走塁コーチとして若手の育成に注力していたそうですが、現在はその経験と手腕を見込まれ、一軍のコーチとなっているようです。

 

2011年に二軍内野守備・走塁コーチとしてカープに復帰後、2015年から再び二軍内野守備・走塁コーチとして若手指導を行っていましたが、昨季から一軍に配置転換となりました。

実はチームでも指折りの大食漢という一面を持つ山田コーチ、その穏やかな人柄で佐々岡真司新監督も厚い信頼を置いているとのこと! リーグ屈指の実力を持つ選手揃いの内野陣をさらにレベルアップさせてくれるはずです!

出典:ATHLETE WEB

 

その仕事ぶりについては、監督陣からも絶大な信頼を得ているようですね!

 

 

山田裕貴と父親・山田和利の因縁がドラマチック過ぎた!

出典:映画ランド

 

山田家の家族構成は、山田和利さん・母親・山田裕貴さん・妹の4人家族です。

山田裕貴さんの生年月日は1990年9月18日なので、山田和利さんがプロ野球で活躍している時に生まれているんですね。

プロ野球選手として活躍している父親・山田和利さんを見て育った、山田裕貴さんもその影響で、小学校から中学校にかけてプロを目指して野球をしています。

 

山田裕貴がプロ野球選手を目指した理由は父親!

出典:トレンドニュース

 

山田裕貴さんは小学校の時に野球を始めていますが、そのきっかけはやはり父親の存在だったようです。

 

かっこよかったんですよ、テレビで打席に立ってる父を見て。『テレビに出てるってかっこいいな』っていうのがあって

出典:めるも

 

父親が野球選手の子供は大体自然に野球をしているイメージがありますよね!(笑)

身近に憧れの存在がいると、興味が沸くのかもしれません!

 

山田裕貴にとって父親は近くて遠い存在だった!

出典:ザテレビジョン

 

山田裕貴さんは、父親である山田和利さんの姿に憧れて野球を始めたものの、父親は厳格でとても遠い存在だったと語っています。

 

裕貴は「一切野球の話はできなくて。自分も野球やっちゃうと父がライバルのような感覚になる」と親子だからこその複雑な関係を告白。「キャッチボールもぜんぜんしたことない。教えてもらったことがないんです。普通の話も出来ないし、遠かった」と語った。

出典:デイリー

 

山田裕貴さんは、子供ながらに親子関係に野球を持ち込んでしまうと、今までの親子関係が崩れてしまうことを分かっていたようです。

父親の存在や距離感について、子供ながらに悩んでいたのですね!

 

 

山田裕貴にとって野球は最大の挫折!野球を諦め俳優を目指した理由とは?

出典:クランクイン!

 

山田裕貴さんは小学校から中学校までは野球をしていましたが、高校に入ってからは野球をきっぱり諦めたと語っています。

 

父がプロ野球選手だったこともあって、小学校に入ると本格的に野球を始めたんですが、いざやってみたら、体を動かすことよりも考えることの方が断然好きだとわかってきた(笑)。ただ、野球は自主的に始めた手前、『やめたら自分の負け』みたいな変な意地もあって、『プロはもう無理だ』と思っていても、それを口に出せなかった。野球をきっぱり諦めたのは高校の時でした

出典:講談社

 

小学生の頃、野球の練習後に家に帰ると、自身の好きな天体と恐竜のことで、すぐ頭がいっぱいになっていたそうです。

別に野球が好きではないと自分では分かっていても、父親がプロ野球選手であるというプレッシャーから中々言い出せなかったようです。

また、高校時代に、プロ野球選手になるという夢を諦めた後、俳優を目指した理由も「父親に認めてもらいたい」という気持ちがあったからだそうです。

 

「唯一楽しんでいた」こととして、「家族でテレビを見ることと映画を見ること」と明かした。「そっち側にいけば見てもらえるのかなと思って。テレビに出る回数なら父親を超えられるじゃなかと思って」と俳優になった動機が父に見てもらうため、父を超えるためであったと語った。

出典:デイリー

 

山田裕貴さんは、幼い頃からプロ野球選手である父親・山田和利さんの面影をいつも気にしていたようです。

野球を辞めてしまったことは、ある意味で山田裕貴さんのトラウマだったようですね。

 

山田裕貴が始球式で涙した本当の理由とは?

出典:タウンワーク

 

国民的俳優としての階段を順調に上りつめている山田裕貴さんは、2018年8月10日に「中日ドラゴンズ・東京ヤクルトスワローズ戦」の始球式を行っています。

それも、父親・山田和利さんの現役時代の背番号30を付けて登板しました。

始球式直後のインタビューで、山田裕貴さんは涙を流しながら父親の背中を追いかけて来た自分を振り返っています。

 

出典:シネマカフェ

 

野球をあきらめて俳優を目指してからの夢が、いつか始球式に登板することでした。今日は父が優勝した時に付けていた『30番』のユニフォームを着させていただいて、母も妹も、そして野球をやっていたころのチームメイトも見に来てくれました。親父の背中を追いかけていた頃を思い出しました

出典:シネマカフェ

 

始球式を終えた後、自身のtwitterも更新されており、人生最大の挫折であった「野球」について語っています。

 

 

この始球式は、山田裕貴さんにとって「野球を諦めた自分へのケジメ」だったのかもしれませんね!

山田裕貴さんは、生き様に筋が通っていてカッコいいですよね!

 

 

山田裕貴の信念は父親・山田和利からの教えだった!

出典:ザテレビジョン

 

山田裕貴さんは、「ゆとり世代?」と問われるたびに、自分で決めたことは最後までやり切ると答えています。

 

これはずっと言ってきたのですが、僕は全然ゆとっていないので!自分でやると決めたことは最後までやるという家庭で、何かをやらないという選択肢はなかったです。

出典:モデルプレス

 

この家庭の教えというのが、高校で野球を辞めてしまった時に父から言われた「俺は野球をやれとは言ってない。ただ、お前がやると決めたことをなんで最後まで続けなかったんだ。」という言葉だったとインタビューで語っています。

そこで、次にやると決めた俳優業では、どんなに苦しくても最後までやり遂げようと誓ったそうです。

これが山田裕貴さんの信念なんですね!カッコ良すぎる!!

 

父親・山田和利は息子のファン!?二人の現在の仲は?

出典:What’s in tokyo

 

山田裕貴さんと父親・山田和利さんとの現在の関係性は良好のようで、父親が自分をプロとして認めてくれていることが、パワーになっていると語っています。

 

父親が自分の出演作を見に行ってくれている。道は違えど、父親が自分のことをプロとして認めてくれている。それが俳優としての原動力になっているといいます

出典:女性自身

 

なお、山田和利さん評価はまだ辛口のようです(笑)

自身が出演した作品に関心があるかを尋ねると、「見てくれてます」と即答。しかし、評価は厳しく、「まだまだだな」と言われるという。これには「自分、芝居やってたの?」と反論するそう

出典:デイリー

 

口では辛口評価なものの、実は山田裕貴さんのファンになっている模様。。。(笑)

 

 

かつてはギクシャクしていた親子関係も、今では嘘のように仲の良い二人のようですね!

 

 

世間の声

山田裕貴さんと父親の関係についての世間の声をまとめてみました!

 

山田裕貴さんの父親が山田和利さんというのが初耳という人も!

 

山田裕貴さんの可愛いルックスは父親譲りだという声もありますね!

 

山田裕貴さんと父親・山田和利さんの関係性がエモすぎる!!という声も!

 

山田和利さんの中日ドラゴンズ在籍時代を知る人には、元広島カープの選手と言われるのがショックだそう!

 

親子であることを知らない人もいましたが、知っている人の方が多かったです。

やはりドラマチックな親子関係に不思議な縁を感じてしまう人が多いようですね!

 

まとめ

今回は、山田裕貴さんと父親・山田和利さんの関係について、掘り下げてみました!

 

まとめ
  • 父親・山田和利さんのプロ野球人生は苦難の連続だった!
  • 父親に憧れ始めた野球は、山田裕貴さんにとって人生最大の挫折だった!
  • 俳優として始球式に立つことで、現在は挫折を克服している!
  • 山田裕貴さんのやり遂げる信念は父親からの教えだった!
  • 幼少期の親子関係はギクシャクしていたが、現在は良好!

 

気になる芸能人のコチラの記事も是非ご覧ください!

千葉雄大の父親はガソリンスタンド経営者!お金持ちと噂の年収や場所を特定してみた!

2021年4月29日

賀来賢人の父親・賀来稔晴は会社役員で5億円マンションオーナー!写真や華麗過ぎる経歴を徹底暴露!

2021年5月1日

 

それでは、この辺で!

最後までご覧いただきありがとうございました!

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)